マーガレット・タラント 不思議の国のアリス挿絵 1920年代 クリケットをするアリス

1920年代に活躍した英国の挿絵画家Margaret Tarrant(マーガレット・タラント)による挿絵です。おどけるフラミンゴをバットに、ハリネズミをボールにしてクリケットしようとしているアリスを描いたものです。
やさしく繊細な画風ながらも登場人物を生き生きとユーモラスに表現しているので作品全体にとてもリアリティがあります。額縁にいれてお部屋に飾るだけでも素敵な空間がつくれそうですね。
古い物なので紙面にわずかなシワなどが見受けられますが、全体的にとても綺麗な状態です。
挿絵自体は型紙で補強してありますが簡単に取りはがせます。


 

  国:イギリス
  作者:Margaret Tarrant
  年代:1920年代
 サイズ:タテ25.5cm
     ヨコ20.4cm
     (型紙を含めた全体のサイズです。)

ピックアップ商品